メディアコントロール&運動で、脳を元気に!

15日は、メディアコントロールデーです。

メディアコントロールデーには、学校のメディアルール家庭のメディアルールの両方を守るのはもちろんですが、さらに、普段よりも遊びのメディアを少なくして、その分、体を動かしてほしいと思います。メディアの画面を眺めているよりも、実際に体を動かして、見て触れて感じた方が、ずっと脳がよく働き、子供の成長や心と体の健康によい影響をもたらすといわれています。

前回は、日曜日だったこともあり、家でお手伝いをしたという人がたくさんいました。金山っ子たちがどんなお手伝いをしたのかを紹介します。

・晩ごはんのお手伝い(料理、食器運び、片付け)

・除草

・荷物運び

・風呂掃除

・犬の散歩 等、様々なお手伝いがありました。家族が助かるので、お手伝いで体を動かすのもよいことですね。

その他、自転車、音楽に合わせて踊る、逆立ち、素振り等の運動をした人もいました。安全に気を付けて、楽しく体を動かしてみてください。

みなさんが放課後、どんな運動をするのかを楽しみにしています。

学校では休み時間、新型コロナウイルス感染症の流行が収まるまで、三密を避け、換気・消毒等に配慮し、学年指定の場所で遊んでいます。

 

子供たちは昔の遊び(けん玉、ゴムとび、だるま落とし等)でも楽しそうに遊んでいます。